米米CLUB/浪漫飛行

この記事は約8分で読めます。

1990年4月8日リリース
作詞:米米CLUB
作曲:米米CLUB
編曲:中崎英也 & 米米CLUB

米米CLUBの10枚目のシングル。シングルとアルバムでは若干アレンジが異なり、アルバムは前曲の「sure dance」の最後部から繋がっている。

楽曲は製作当時から「航空会社のCMソングとしてオファーが来ないか」と狙って作った作品で、1990年にJALの沖縄旅行「JAL STORY 夏離宮キャンペーン」のCMイメージソングに起用された(本人出演)きっかけで初出から3年越しにシングル化が行われ、累計売上は約170万枚であった(オリコンでは約100万枚)。

前述の通り航空会社のCMに起用され、ミュージック・ビデオの一部をCM内で流されたが、PV自体は特に飛行機と関係なく、謎の船にメンバーが乗っていたり、大魔神を金色にしたような謎の物体が登場したりという、後に再結成した際にメンバー自身も「意味不明」とするものであった(シングル・ジャケットもメンバーがミュージックビデオでの衣装で登場)。また石井はミュージック・ビデオ内で大量のアクセサリーを装着していたため「金属にかぶれ」ている。

なお、シングル盤は「西日本版」「東日本版」の2種類がその名の通り地方別でリリースされ、オリコン上では2種それぞれ個別にランクインする珍しい事態となった(当時はCDのJANコード毎に売上枚数を算出していたため)。

米米CLUB(コメコメクラブ、英: KOME KOME CLUB)

文化学院のサークル仲間だった石井竜也(カールスモーキー石井)、小野田安秀(ジェームス小野田)、大久保謙作(BON)らにより、卒業後の1982年秋に結成。アマチュア時代から積極的にメディア出演を繰り返し、1985年にレコードデビュー。主な代表曲は「浪漫飛行」、「君がいるだけで」。

ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」や、インストバンド「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」を筆頭にサポートメンバーを多く抱える大所帯バンドである。石井の手掛ける舞台美術やコンサートでの寸劇、映像製作などを特徴としていた。

石井の監督映画『ACRI』の興行失敗などが影響しバンドの維持が困難になり1997年に解散。その後、2006年に10月までの期間限定で再結成を発表したが、10月22日に横浜アリーナで行なわれたコンサートツアーの最終日に期間限定の撤回を宣言。以降は各自のソロ活動などの合間を縫ってスローペースながらも作品を発表している。1997年の解散までは公式ファンクラブ「COME COME CLUB」があったが、再結成以降はファンクラブを設置していない。

メンバー:ジェームス小野田、カールスモーキー石井、BON、フラッシュ金子、MARI、MINAKO、BE、RYO-J、ジョプリン得能
活動期間:1982年 ~ 1997年、2006年 ~ 2013年、2017年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました