宇多田ヒカル/First Love

この記事は約8分で読めます。

1999年4月28日リリース
作詞:宇多田ヒカル
作曲:宇多田ヒカル
編曲:河野圭

宇多田ヒカルの3枚目のシングル。1999年TBS系テレビドラマ『魔女の条件』主題歌。アルバム『First Love』からのシングルカット。累計出荷枚数96万枚のヒットとなる。

2000年春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用された。なお、この曲の中で「たばこ」という歌詞が出てくる事も有り、一部では採用に反対する声もあったという。

Amazonで無料で曲を探す

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル)

本名は宇多田 光(読み同じ)。1998年末に15歳でCDデビューし、デビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンの大ヒットを記録。

1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え(オリコン調べ)、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚(オリコン調べ)を記録している。

2007年発表の「Flavor Of Life」は当時のデジタル・シングルのセールスにおいて世界1位を記録。また、『日本ゴールドディスク大賞』「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を、2000年と2003年に受賞している。

2010年に「人間活動」として翌年以降の音楽活動休止を発表。結婚・出産を経て、2016年に活動を再開し、復帰作『Fantome』はその年の『Billboard JAPAN年間総合アルバムチャート』で1位を獲得したほか、『第9回CDショップ大賞』で「大賞」を、『第58回日本レコード大賞』で「最優秀アルバム賞」を受賞した。

生誕:1983年1月19日
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州
活動期間:1998年 ~ 2010年、2016年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました