内山田洋とクール・ファイブ/長崎は今日も雨だった

この記事は約6分で読めます。

1969年2月1日リリース
作詞:永田貴子
作曲:彩木雅夫
編曲:森岡賢一郎

内山田洋とクール・ファイブのメジャーデビュー曲にして、最大のヒット曲。発売約4ヶ月後にオリコンBEST10入り。同年11月に発売されたアルバム『長崎は今日も雨だった』も年間30万枚を超える大ヒットとなったが、最高位は2位だった。

累計売上は約150万枚に達するミリオンセラー。この曲のヒットで同年の第11回日本レコード大賞新人賞を受賞、「第20回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たし、クール・ファイブは一躍全国区に名乗りを上げた。

内山田洋とクール・ファイブ(うちやまだひろしとクール・ファイブ)

1967年9月 長崎市内のグランドキャバレー『銀馬車』の専属バンドとして結成。競合店『十二番館』の専属バンドは中井昭・高橋勝とコロラティーノで、『思案橋ブルース』で1年早く世に出た。

1968年、佐世保のナイトクラブ歌手として頭角を現わしていた前川がメインボーカルとして参加。自主制作した『涙こがした恋』や『西海ブルース』が地元民放ラジオや有線放送で評判となる。

元々ジャズ、ラテンなど幅広いレパートリーを持つバンドであり、テレビで演奏する機会は少なかったものの、コンサートでは各自のパートの楽器で独奏するコーナーが必ず存在していた。

メンバー:前川清、宮本悦朗、小林正樹、岩城茂美、森本繁
旧メンバー:内山田洋、宮内タカユキ、なかえいじ、大沢允、西田涼馬、山上哲也、帆足新一(付き人)
活動期間:1967年~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました