箱崎晋一郎/抱擁

この記事は約5分で読めます。

1969年1月10日リリース
作詞:荒川利夫
作曲:山岡俊弘
編曲:京建輔

箱崎の甘えるような歌唱やシンプルなメロディと編曲、3拍子のリズムが特徴で「ムード歌謡」のお手本と言われることがある。オリコンの最高順位は65位だが、100位以内に54週ランクインした。

箱崎 晋一郎(はこざき しんいちろう)

デビュー当時の芸名は箱崎伸一郎で、1973年〜1974年頃に箱崎晋一郎に変わった。

デビュー前は、熱海のホテルのシンガーとしてステージに立っていたが、そのゆかりの地を織り込んでデビュー曲が『熱海の夜』になったという。発売当時、首都圏の保養地として代表的な都市だった熱海市のご当地ソングとして話題になり、大ヒットした。女心を甘く切ない歌声で歌い上げる独特のファルセットが特徴で、ムード歌謡の流行の波にも乗り、人気歌手の仲間入りを果たす。

生誕:1945年2月17日
出身地:岩手県


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました