斉藤和義/歌うたいのバラッド

この記事は約7分で読めます。

1997年11月21日リリース
作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義
編曲:斉藤和義

「歌うたいのバラッド」(うたうたいのバラッド)は、斉藤和義15作目のシングル。斉藤の代表曲であり多くの歌手にカバーされている楽曲。

2009年9月25日テレビ朝日系で放送された『ミュージックステーション3時間スペシャルあなたとアーティストが選んだ新国民的名曲BEST100』で第77位にランクイン。またミュージシャンのゆずが同調査で本楽曲を挙げ「歌手として言いたいことをズバリ言われちゃっている曲」という旨のコメントをしたVTRが番組で紹介された。

また、Bank Bandが同曲を『ミュージックステーション』出演時にカバーした際(2008年1月18日放送)、普段は殆んど楽曲にコメントをしない司会のタモリが自ら「歌詞…いい歌ですよね」「最後のほうの歌詞なんか、うん、と思わせるような…」「あの言葉はよく出てくるんだけれど最後に出てくると全く違うような意味になる」と続けてコメントしている。

2017年には映画『夜明け告げるルーのうた』(監督:湯浅政明)の主題歌として本作が起用された。

斉藤 和義(さいとう かずよし)

小学生の時にギターと出会う。中学、高校時代にはハードロック・ヘヴィメタルにハマり、LOUDNESSのコピーバンドもしている。また、高校時代はヘヴィメタルグッズを原宿で買って、そのままLOUDNESSなどのコンサートに通っていたという。

1992年TBSのオーディション番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』へ出演(5週勝ち抜き)した後、1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。

デビューから15年目の2007年から2008年にかけては一気に知名度が高まった。
2007年は、リクルート社『ゼクシィ』に作ったテレビCM曲「ウエディング・ソング」が話題になり、2008年5月からは、武田薬品工業の「アリナミン」CM曲を担当、ブランドCM曲「おつかれさまの国」と「どんなに頑張ってみても」のフレーズの商品CM曲「やぁ 無情」の2曲を提供。
「やぁ 無情」は第50回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。8月にリリースのシングルズ・ベスト『歌うたい15』はオリコンチャートで最高4位となった。

2010年4月OAの資生堂「IN & ON」CMでは「ずっと好きだった」を提供。

2012年、デビュー20年目にしてNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。出演者決定インタビューで感想を聞かれた際には、「今年は“ガキ使”が見れないなと思いました。頑張ります」というコメントで笑いを誘った。

2013年、デビュー20周年にして、さいたまスーパーアリーナで斉藤史上最多収容人数の1万8000人を記録。

2018年7月25日には、デビュー25周年を記念したベストアルバム『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』をリリースした。

生誕:1966年6月22日
出身地:栃木県下都賀郡壬生町

活動期間:1993年 ~


※情報はウィキペディアより
※2022年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました