レミオロメン/3月9日

この記事は約7分で読めます。

2004年3月9日リリース
作詞:藤巻亮太
作曲:藤巻亮太
編曲:レミオロメン

レミオロメンの2nd(通算3枚目)のシングル。メンバー3人の共通の友人の結婚式(2001年3月9日)を祝うために作られた楽曲である。

テレビドラマ『1リットルの涙』で使われた影響もあり、小中学校では卒業式や合唱などでよく歌われるが、本来この楽曲は『結婚』を祝う歌であって、『卒業』を祝う楽曲ではない。PVにも結婚式のシーンが登場しており、堀北真希や池田鉄洋が出演している。PVの冒頭には卒業式を終えた高校のシーンがあるものの、大部分は結婚式のシーンで構成されている。

オリコンチャートでのチャートイン数は、62週を記録するロングヒットとなっている。

レミオロメン

バンド名は、メンバーでジャンケンをし、勝った順に1文字、2文字、3文字好きな文字を選び繋げたものである。

藤巻はイギリス出身のロックバンド、レディオヘッドが好きなことから「レ」、神宮司は当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字をとって「ミオ」、前田は路面電車が好きなことから「ロメン」を取り、それらを繋げて「レミオロメン」とした。

メンバー3人とも山梨県出身で2005年12月から3年間、県の観光大使にも任命された。富士の国やまなし観光ネットでは彼らのゆかりの地を公開している。

初期はスリーピースバンドの形をとっていたが、2005年の南風リリース以降の楽曲は必ずしも完全なスリーピースではなく、他の楽器をプラスし収録している楽曲も少なくない。 同じく、ライブでもキーボードやサポートギターが加わる場合が多く、様々な曲調の楽曲を演奏可能になっている。

2011年を最後に活動が止まり、藤巻のソロ活動が発表された中で2012年2月1日より公式にバンドとしての活動休止がアナウンスされた。

メンバー:藤巻亮太(ボーカル・ギター)、前田啓介(ベース・コーラス)、神宮司治(ドラムス・コーラス)
活動期間:2000年 ~ 2012年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました