ゆず/夏色

この記事は約8分で読めます。

1998年6月3日リリース
作詞:北川悠仁
作曲:北川悠仁
編曲:寺岡呼人&ゆず

ゆずのメジャーデビューシングル。ミュージックビデオには鎌倉市が使われている。「夏色」という曲名は、岩沢が「色が見えました。夏色っていう色が」という由来から付けられた。

1998年7月の第1週に初めてオリコンチャートのトップ30に入り、9月の第1週にはトップ20入り、9月第3週には最高位である17位を記録した。

夏の曲なのに『五時半の夕焼け』という歌詞があるのは、この曲が冬に作られた曲であるため、夕焼けの時刻を間違えてしまったからだという。また、『君を自転車の後ろに乗せて』という歌詞で、道路交通法に違反しているとの指摘がある。

発売から19年後の2017年にはロッテ「爽」のCMソングとして起用され、初のタイアップとなった。

Amazonで無料で曲を探す

ゆず

ストリートミュージシャン出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、1997年頃から始まった第2次路上ライブムーブメントの先駆けとされる。路上時代は主に神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上ライブを行っていた。

1996年3月結成。結成後すぐにオリジナル曲を作る。最初は客はほとんどいなかったが、1年ぐらいしたときに初めてリクエストしてくる客が現れた。路上の最終日(1998年8月30日)は、台風直撃にもかかわらず、約7,500人が集まった。

結成当初は「Light’s」という名前だったが、これを自分達に合っていない上にダサいと感じていた北川が、2人が当時一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた柚子シャーベットから「ゆず」へと変更。90年代当時、音楽グループ名に日本語を採用するのは珍しかった。

メンバー:北川悠仁、岩沢厚治
活動期間:1996年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました