千昌夫/北国の春

この記事は約5分で読めます。

1977年4月5日リリース
作詞:いではく
作曲:遠藤実
編曲:京建輔

オリコンシングルチャートでは、100位以内初登場から通算92週目でミリオンセラー達成(連続92週ではない)。この数字は、後年に至るまでミリオンセラー達成までの100位圏内チャートイン週数が歴代1位であった。

その後、2003年に中島みゆきが「地上の星/ヘッドライト・テールライト」で新記録を樹立し(139週)、以後は歴代2位となっている。同チャートでは1979年2月5日付と4月2日付で最高位の6位を獲得。同チャートの100位以内チャートイン数は通算134週、連続111週(1978年1月16日付〜1980年2月18日付)となっている。

タイトル曲「北国の春」は、都会で暮らす男性が実家から届いた小包を受け取り、早春期の故郷や家族、かつての恋心などを想う内容の歌詞である。

Amazonで無料で曲を探す

千 昌夫(せん まさお)

本名は阿部 健太郎(あべ けんたろう)。バブル期には「アベインターナショナル」を立ち上げ、不動産業などを幅広く展開する実業家としても知られた。血液型はO型。元妻はアメリカ人歌手・外国人タレントだったジョーン・シェパード。

生誕:1947年4月8日
出身地:岩手県陸前高田市

活動期間:1965年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年1月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました