UVERworld/SHAMROCK

この記事は約14分で読めます。

2006年8月2日リリース
作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
編曲:UVERworld・平出悟

UVERworldの5枚目のシングル。榮倉奈々主演のフジテレビ系連続テレビドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』主題歌に起用され、UVERworld初のドラマ主題歌となる。また、その番外編ともいえるフジテレビ系連続テレビドラマ『ダンドリ娘』の主題歌にもエンディングテーマの2ndシングル「CHANCE!」と共に起用され、さらに『music.jp』CMソングでもあった。

2006年に行われた初の全国ツアー”UVERworld Timeless TOUR 2006″のアンコールで披露された新曲「RE」に新たにアレンジを加え、歌詞を書き換えたもの。楽曲途中にTAKUYA∞がダミ声を披露。
TAKUYA∞がPV時に着用しているブレスレットはライブでも一時期着用していた。

当時の自己最高初動を果たしたものの、初登場、最高位共に6位に留まり、デビューから現在に至るまで、UVERworldのシングルがベスト5を逃すのは、アルバム先行でベスト10を逃した前々作を除くと、本作のみである。それでもオリコンでの売り上げは10万弱と、現在でもUVERworldの中で4番目に高い。また、カラオケランキングでも数年に渡ってTOP100にランクインを果たし、一般的知名度はUVERworldのシングルの中でも極めて高い。

Amazonで無料で曲を探す

UVERworld(ウーバーワールド)

2000年6月6日、滋賀県草津市で前身バンドとなるSOUND極ROADを結成。結成当初はボーカルがさらに1名、トランペット1名の8人編成だった。

2003年12月、バンド名をSOUND極ROADからUVERworldに改名。

2005年7月6日、1stシングル『D-tecnoLife』でメジャー・デビュー。なお、メジャー・デビューに際して、誠果が正式メンバーから外れ、サポートメンバーとして活動することとなった。

2006年2月15日、1stアルバム『Timeless』を発売。3月9日、ゴールドディスク大賞で2005年度のニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。2月から4月にかけて初の全国ツアー「UVERworld Timeless TOUR 2006」を開催した。

2008年10月1日に、2枚目のライブDVD『PROGLUTION TOUR 2008』を発売し、全作品を通じてUVERworld初のオリコン週間チャート1位を獲得。10月3日から10月29日にかけて初のファンクラブ会員限定ライブツアー「UVERworld」を開催。11月19日に12thシングル『儚くも永久のカナシ』を発売し、初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得。12月5日にバンド初の日本武道館単独公演を開催した。

2015年8月2日、rockin’on主催の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」に初出演。GRASS STAGEに出演し、本フェス初登場ながら4万人を動員した。

2020年6月6日と7月6日には、「UVERworld 20&15 ANNIVERSARY LIVE」をPIA LIVE STREAMにて開催した。

バンド名「UVERworld」は、「SOUND極ROAD」からの改名時、500以上の候補から彰が提案した「〜world」と、「超える」の意味を持つドイツ語「über」と英語「over」とを混ぜ合わせた造語で、バンド名の意味は「自分達の世界をも越える」。

メンバー:TAKUYA∞、彰、克哉、信人、真太郎、誠果
活動期間:2000年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました