沢田研二/勝手にしやがれ

この記事は約7分で読めます。

1977年5月21日リリース
作詞:阿久悠
作曲:大野克夫
編曲:船山基紀

沢田研二の19枚目のシングル。沢田研二としては4作目のオリコン週間チャート1位を獲得し、累計売上では「時の過ぎゆくままに」に次ぐセールスを記録した。

年末の賞レースでも数々の舞台で独占するなど、まさに沢田研二の代表曲となった。第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞、第10回日本有線大賞では大賞を受賞。第3回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭でゴールデングランプリ、第6回東京音楽祭国内大会でもゴールデンカナリー賞を受賞した。同賞の世界大会でも銀賞を受賞している。

タイトル元は1959年に公開された映画の『勝手にしやがれ』から。タイトルだけでなく、歌詞の内容もそれにちなんだ(映画の内容と関連はない)ものになっている。

Amazonで無料で曲を探す

沢田 研二(さわだ けんじ)

ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)。
1960年代後半のグループ・サウンズ全盛期からスーパー・スターとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上は1,241万枚を記録(1982〜1991年の9年間は歴代1位の座を保つ。アルバムも合わせた総売上は約1,572万枚)。ザ・タイガース、PYG時代も含めたシングルの総売上は1,668万枚に上る。

生誕:1948年6月25日
出身地:京都府京都市
活動期間:1967年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました