森山直太朗/さくら

この記事は約7分で読めます。

2003年3月5日リリース
作詞:森山直太朗、御徒町凧
作曲:森山直太朗
編曲:中村タイチ

森山直太朗の2枚目のシングル。森山直太朗はこのシングルでブレイクし、現在では卒業式や桜ソングの定番となっている。

元々は森山の友人の結婚をきっかけとして作られたもので、この曲はデビューミニアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』に、バンドアレンジとして収録されていたものをピアノ独唱バージョンとしてシングルカットしたものである。

同じくシングルカット曲だった「世界に一つだけの花」と同じ2003年3月5日に発売され、初回プレスが約1200枚・オリコンチャート発売初週の段階では80位(売上1786枚)だったのに対し、2006年(平成18年)現在、約120万枚(売り上げ予想の1000倍)出荷しており、森山直太朗最大のヒットシングルである。

Amazonで無料で曲を探す

森山 直太朗(もりやま なおたろう)

大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。デビュー当時、忙しすぎて自分の曲がヒットしていることを知らなかったことがあった。

母は森山良子、父はジェームス滝。異父姉にマネージャーの森山奈歩。また、義兄(姉の夫)に小木博明がいる。

生誕:1976年4月23日
出身地:東京都渋谷区
活動期間:2001年


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました