松山千春/大空と大地の中で

この記事は約7分で読めます。

1977年6月25日リリース
作詞:松山千春
作曲:松山千春
編曲:松山千春

松山千春のファースト・アルバム『君のために作った歌』に収録された曲。
とりわけ北海道においては松山千春の代名詞的な曲として、また、さだまさしの「北の国から〜遥かなる大地より〜」と並んで、北海道をイメージする曲の代名詞として現在でも広く愛されるスタンダードナンバーとなった。

その後、1998年にはアレンジを変えて再レコーディングされ「この世で君が一番好き」のカップリングとしてシングル発売もされている。また同曲は、日本の高校野球で北海道勢が甲子園に出場した際、応援歌として度々使用している。

松山 千春(まつやま ちはる)

1976年にSTVラジオの竹田健二ディレクターに見出され、同局の「サンデージャンボスペシャル」内の15分コーナー『千春のひとりうた』でメディアデビュー。

1977年10月には『オールナイトニッポン』水曜2部のパーソナリティに起用され、全国区の人気になった。これに伴い『サンデージャンボスペシャル』からは降板した。

1978年4月には月曜1部に昇格し全国区の知名度を更に得るようになる。同年に発売したシングル「季節の中で」が大ヒットしたことで一気にスターダムを駆け上り、以後も多数のヒット曲を出し、ニューミュージック界で確固たる地位を築くに至った。

主な代表曲に「大空と大地の中で」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」などがある。

生誕:1955年12月16日
出身地:北海道足寄郡足寄町
活動期間:1976年


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました