牧村三枝子/みちづれ

この記事は約7分で読めます。

1978年10月21日リリース
作詞:水木かおる
作曲:遠藤実
編曲:斉藤恒夫

元々は当時牧村と同じレコード会社・ポリドール所属の先輩だった渡哲也が、アルバムの中の1曲として発表、1975年にシングルとしても発売している。その後、牧村のディレクターがこの曲を歌うことを牧村に勧めた。

テープを家に持ち帰って聴き、歌詞とメロディを気に入った牧村はこの曲を歌いたいと渡本人に直談判して承諾。しかし牧村盤のレコード売上は伸び悩み、それを知った渡は自分では「みちづれ」を歌わないことを決めた。

その後牧村盤は売れ始め、翌1979年にはオリコン年間ランキングで第9位にランク(翌1980年オリコン年間ランキングでも第62位)、さらに同チャート集計によるレコード売り上げは100万枚近くを記録する大ヒットとなった。なおオリコンでの最高位は8位だったが、100位以内には通算で72週もの間ランクインされた。

Amazonで無料で曲を探す

牧村 三枝子(まきむら みえこ)

本名は千葉 美恵子。愛称は「ミーコ」。

北海道美唄市で炭鉱労働者の家庭で5人兄弟の末っ子として出生。中学校卒業後に上京、釣り具店に就職する傍ら、 1972年に入学したサンミュージック・タレントスクールを経て『少女は大人になりました』でRCAレコードよりデビュー。

生誕:1953年12月21日
出身地:北海道美唄市

活動期間:1972年 ~ 2002年、2004年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年1月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました