金田たつえ/お母さん

この記事は約6分で読めます。

2003年7月23日リリース
作詞:関口義明
作曲:花笠薫
編曲:佐伯亮

金田 たつえ(かねだ たつえ)

本名は梶原 たつえ。1961年、日本民謡協会全国大会で「江差追分」を歌い優勝。1965年(昭和40年)上京、同年17歳で所属事務所の社長と結婚。1969年、「江州音頭」「河内音頭」を発売し、民謡歌手としてデビュー。

1973年に「花街(はなまち)の母」で演歌に転向。発売当初は大阪地区限定の自主発売という厳しい条件付だったにもかかわらず、歌詞が自身の人生と似ているところがあるということから「何年かかっても、この曲は必ず世に出したい」と決心する。そして、地道な努力が実を結び、発売から6年目に全国的な大ヒット曲となり、15年間で250万枚以上を売り上げた。1979年には『第30回NHK紅白歌合戦』に初出場。多くの賞を受賞し、テレビドラマ化、映画化もされた。

生誕:1948年4月12日
出身地:北海道砂川市


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました