加藤ミリヤ×清水翔太/Love Forever

この記事は約8分で読めます。

2009年5月13日リリース
作詞:Miliyah, Shota Shimizu
作曲:Miliyah, Shota Shimizu
編曲:3rd Productions

加藤ミリヤと清水翔太によるコラボレーションシングル。なおコラボレーションの位置上だが、今作では加藤のシングルとしてカウントされる為、15枚目のシングルとなる。

二人は清水が正式にメジャー・デビューする以前、2007年に一度セリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバム『セリーヌ・ディオン・トリビュート』のなかで「アイム・ユア・エンジェル」をカヴァーしている。その後、清水が2008年11月にニューヨークのアポロシアターで公演した際に同じ事務所の加藤と再会し、その時意気投合したことを切っ掛けに今回のコラボレーションに至っている。

音楽配信の累計では280万ダウンロードを記録。オリコンのデイリーチャートでは1位を獲得している。

加藤 ミリヤ(かとう ミリヤ)

2001年、中学生になると書き溜めた詞を携えて上京、ソニーミュージック・オーディションを受ける。宇多田ヒカルの「Automatic」を歌い、13歳で合格。14歳から曲作りを始め、ライバルたちより一歩先を行くために貪るように音楽を聞くようになる。中学時代の3年間、週末になると名古屋から上京して歌のレッスンを受ける日々を送る。

2004年9月、高校一年生の時にシングル「Never let go/夜空」でメジャーデビュー。2005年10月、1stアルバム『Rose』をリリース。オリコン初登場2位を記録した。

2009年7月、4thアルバム『Ring』をリリース。オリコン週間ランキングでTOP3内4週連続ランクインした。また11月には、初の日本武道館公演を果たした。

2010年7月28日、5thアルバム『HEAVEN』を発売。オリコン週間ランキングで前作を上回る自己最高記録を獲得した。

2020年4月10日、13日よりスタートする織田裕二主演の月9系ドラマ『SUITS / スーツ2』の第1話においてゲスト出演。加藤にとってこれが初の女優デビューとなった。

なお「ミリヤ」という名前は、自分の本名と母親、弟、3人のそれぞれの頭文字をつなげて命名した。作詞・作曲のクレジットは「Miliyah」と表記される。

生誕:1988年6月22日
出身地:愛知県豊田市
活動期間:2004年 〜

清水 翔太(しみず しょうた)

17歳の頃に読売テレビとソニー・ミュージック主催の全国ボーカリストオーディションに出場し、このオーディションでトップ10まで残った。その後ソニーミュージック傘下のMASTERSIX FOUNDATIONレーベルよりとアーティスト契約を締結し、歌手としてのキャリアをスタートさせた。

2007年に清水は自身のデビューを前に童子-Tのシングル「One Love」に客演で参加。レコード・デビューを果たしている。その後もセリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバムに参加したほか、同じ年にはニューヨークにあるアポロ・シアターのアマチュアナイトにゲスト出演している。

2008年11月にリリースされたデビュー・アルバム『Umbrella』は商業的に成功を収め、批評家からも賞賛された。日本のオリコンアルバム・チャートでは最高位2位を記録し、日本レコード協会からはゴールド・アルバムの認定を受けている。このアルバムからは「HOME」、「アイシテル」の2曲のヒットを生んだ。前者は日本レコード協会からダブル・プラチナ、後者はゴールド・シングルの認定を受けている。同様に、前者はSPACE SHOWER Music Video Awards 2009にて最優秀新人ビデオ賞の受賞も果たしている。

2009年初頭にアルバムを引っさげての自身初のワンマンライブツアーUmbrella Tourを行った後、続けて5月に加藤ミリヤとのジョイント・シングル「Love Forever」、7月には「美しき日々よ」、「さよならはいつも側に」の2曲をシングル・リリース。前者は自身最大のヒットとなるダブル・プラチナセールスをあげている。

生誕:1989年2月27日
出身地:大阪府八尾市

活動期間:2007年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました