石川ひとみ/まちぶせ

この記事は約7分で読めます。

1981年4月21日リリース
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

石川ひとみの11枚目のシングル。オリコンチャートで石川のシングルでは唯一10位以内にランクし(最高6位・同年年間ランキング33位)、またTBSテレビ『ザ・ベストテン』でもランクインした(最高3位・9週連続ベストテン入り、ザ・ベストテン同年年間ランキング21位)。さらに同年暮れの『NHK紅白歌合戦』にもこの曲で初出場を果たした。

石川 ひとみ(いしかわ ひとみ)

本名は山田ひとみ(旧姓石川)。1978年5月25日に、キャニオン・レコードのNAVレコードから「右向け右」でアイドル歌手としてデビューすると、全国58大学で構成する全国ビューティ・オール学生協会から「’78マスコット・ガール」に選ばれるなど、デビュー当時から容姿と歌唱力が高く評価されて大学生を中心に大きく支持を得る。

1981年に、ヒット曲に恵まれず最後の曲とするつもりだった11枚目のシングル「まちぶせ」が好評で販売枚数も多く、キャンペーンで全国を巡りながら「歌の楽しさを思い出して、辞めるのはやめようと思った」。

デビュー40周年の2018年に、1983年の「プライベート」以来35年振りで9枚目のオリジナルアルバム「わたしの毎日」を発売。7月にアルバム発売記念ライブ、10月に40周年記念コンサート、2019年2月に東京と名古屋で追加公演、をそれぞれ開催している。

生誕:1959年9月20日
出身地:愛知県海部郡美和町
活動期間:1978年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました