森昌子/越冬つばめ

この記事は約8分で読めます。

1983年8月21日リリース
作詞:石原信一
作曲:篠原義彦
編曲:竜崎孝路

森昌子の41枚目のシングル。オリコン最高位27位であるがロングヒットとなった。

森はこの曲で1983年の「第34回NHK紅白歌合戦」に出場した際、歌唱途中で感極まり涙を流すシーンがあった。それから18年後の2001年の「第52回NHK紅白歌合戦」でも、自身ヒットソングメドレーの中でこの曲を披露した(ほかは「せんせい」と「哀しみ本線日本海」)。

森 昌子(もり まさこ)

1971年(昭和46年) 同年10月開始の日本テレビ『スター誕生!』(1971)に13歳で出場。初代グランドチャンピオンとなる。同番組には、昌子本人ではなく、激しい人見知りを克服してほしいと親戚の叔母が内緒で申し込んだもの。オーディション当日は、「洋服を買ってあげるついでだから」という口実で歌を歌わせた。

1972年(昭和47年)7月1日、徳間音工から『せんせい』で歌手デビュー。当時のキャッチフレーズは、「あなたのクラスメート」と称された。その翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。

1977年(昭和52年)の『なみだの桟橋』以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、『津和野ひとり』『彼岸花』(1978年・昭和53年)など、難易度の高い曲を歌いこなせる実力派へと成長した。

2016年7月1日 デビュー45周年を迎えた同日、記念シングル「百年の恋歌」、アルバム「百年の恋歌~時を終えて』を発売。

2019年3月25日、年内限りでの芸能界引退を所属事務所が発表。12月25日、故郷の栃木県宇都宮市でのコンサートをもって活動終了した。

生誕:1958年10月13日
出身地:栃木県宇都宮市
活動期間:1972年 ~ 1986年、2001年 ~ 2019年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました