GLAY/Winter,again

この記事は約7分で読めます。

1999年2月3日リリース
作詞:TAKURO
作曲:TAKURO
編曲:GLAY、佐久間正英

GLAYの16作目のシングル。1999年度のオリコン年間シングルチャート2位を記録したが、これはオリコンの当時の集計で8cm盤の売り上げと12cm盤の売り上げを別々で集計していたためである。GLAYのシングルで最大のセールスを記録している。(165万枚)
初動売上は当時「名もなき詩」(Mr.Children)に次いで歴代2位であった。

歌詞には、当時のTAKUROの作品(「SOUL LOVE」など)に顕著な日常で滅多に使わない難しい言葉が多々用いられており、一部分はTAKUROの当時の恋人に対してTAKUROの故郷である北海道の景色を見せたいという想いが込められている。

Amazonで無料で曲を探す

GLAY(グレイ)

1988年に北海道函館市でTAKUROとTERUを中心にバンドを結成し、後に現在のメンバーであるHISASHIとJIROが加入した。1994年にインディーズのエクスタシーレコードからアルバム『灰とダイヤモンド』、プラチナム・レコードからシングル「RAIN」の同時発売でデビュー。1996年発売の2枚目のアルバム『BEAT out!』が初のオリコンチャート1位になると、同年発売の3枚目のアルバム『BELOVED』でミリオンセラーを達成した。

20万人を動員した『GLAY EXPO99』では、単独アーティスト有料公演の動員数として当時の世界記録を更新するなど、ライブ動員数においても記録を樹立してきた。

メンバー:TERU、JIRO、TAKURO、HISASHI
旧メンバー:ISO、SHINGO、AKIRA、NOBUMASA

活動期間:1988年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました