GLAY/ずっと2人で…

この記事は約7分で読めます。

1995年5月17日リリース
作詞:TAKURO
作曲:TAKURO
編曲:GLAY、佐久間正英

GLAYの5作目のシングル。1995年3月1日に発売された1stアルバム『SPEED POP』からのリカット。結婚するTERUの姉の為にTAKUROが書き下ろした曲で、シングルでは初のバラード曲である。

1stアルバム『SPEED POP』に収録されたバージョンでは最後がフェードアウトで終わっているが、シングルでは最後まで完奏している。後に発売されたベストアルバムには全てこのシングルバージョンで収録されている。

GLAY(グレイ)

1988年に北海道函館市でTAKUROとTERUを中心にバンドを結成し、後に現在のメンバーであるHISASHIとJIROが加入した。1994年にインディーズのエクスタシーレコードからアルバム『灰とダイヤモンド』、プラチナム・レコードからシングル「RAIN」の同時発売でデビュー。1996年発売の2枚目のアルバム『BEAT out!』が初のオリコンチャート1位になると、同年発売の3枚目のアルバム『BELOVED』でミリオンセラーを達成した。

20万人を動員した『GLAY EXPO99』では、単独アーティスト有料公演の動員数として当時の世界記録を更新するなど、ライブ動員数においても記録を樹立してきた。

メンバー:TERU、JIRO、TAKURO、HISASHI
旧メンバー:ISO、SHINGO、AKIRA、NOBUMASA

活動期間:1988年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました