黒木憲/霧にむせぶ夜

この記事は約4分で読めます。

1968年4月1日リリース
作詞:丹古晴己
作曲:鈴木淳
編曲:湯野カオル

黒木憲の2枚目のシングル。発売から5ヶ月程後、オリコンチャートのトップ10に初登場。累計売上は130万枚で、黒木最大のヒット曲である。また、同年12月にはこの曲を基にした映画も公開され、黒木自身も本人役で出演した(映画『霧にむせぶ夜』 監督・梅津明治郎、主演・栗塚旭、製作・松竹)。

黒木 憲(くろき けん)

本名は唐木 克彦(からき かつひこ)。明治大学政経学部を中退し、1966年に大橋巨泉の紹介で東芝レコードのオーディションを受け合格し、翌年「夜の東京の片隅で」で歌手デビュー。1968年には「霧にむせぶ夜」が大ヒットした。

長男も同じく歌手の黒木じゅん。1991年に「唐木淳」の名でデビュー、2008年2月から2016年5月までは二代目・黒木憲として「黒木憲ジュニア」と名乗っていた。

生誕:1942年3月12日
出身地:東京都


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました