布施明/シクラメンのかほり

この記事は約6分で読めます。

1975年4月10日リリース
作詞:小椋佳
作曲:小椋佳
編曲:萩田光雄

布施が『第4回東京音楽祭』に本曲で出場したことがきっかけとなり大ヒットし、1975年の『第17回日本レコード大賞』と『FNS歌謡祭』グランプリなど、年末の音楽番組・音楽賞の大型タイトルを総なめに獲得した。

またオリコンチャート上においては、布施にとって唯一のミリオンセラー(売上数・105.2万枚)を達成する。さらに作詞・作曲を手がけたシンガーソングライター小椋佳への注目もますます高まり、翌1976年に小椋は初のテレビ出演(『NHKコンサート小椋佳の世界』)を果たした。

布施 明(ふせ あきら)

本名は布施 晃。事務所の先輩であるザ・ピーナッツに憧れて歌手を目指した。高校在学中に日本テレビ系のオーディション番組『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』に合格。渡辺プロにスカウトされる。

1965年、「君に涙とほほえみを」でキングレコードからデビュー。その後も「恋」「霧の摩周湖」「愛は不死鳥」「積木の部屋」などがヒット。1969年、TBSテレビのドラマ『S・Hは恋のイニシァル』では俳優として主演した。

ヒット曲に恵まれながら賞レースと長らく縁が無い「無冠の帝王」であったが、1975年にシンガーソングライター・小椋佳より提供された「シクラメンのかほり」が大ヒット。ミリオンセラー達成により、第17回日本レコード大賞・第6回日本歌謡大賞・FNS歌謡祭での最優秀グランプリなど、多数の賞を総なめにした。

生誕:1947年12月18日
出身地:東京都三鷹市

活動期間:1965年~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました