大橋純子/シルエット・ロマンス

この記事は約7分で読めます。

1981年11月25日リリース
作詞:来生えつこ
作曲:来生たかお
編曲:鈴木宏昌

発売当初の売れ行きは低調であったが、翌1982年に入ってじわじわと売れ始め、5月24日付のオリコンで最高位の7位を記録し、その後もロングヒットを続けた。累計売上は48万枚または55万枚。

本楽曲で、1982年に開催された第24回日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞した。北島三郎と田中邦衛が特別ゲストとして祝福に訪れ、両者に見守られる中、熱唱した。

2003年6月4日発売のアルバム『June』には、「シルエット・ロマンス」と同じ作詞・作曲コンビにより、本楽曲の主人公2人の22年後という設定のアンサーソング「二人のアフタヌーン」が収録されている。

Amazonで無料で曲を探す

大橋 純子(おおはし じゅんこ)

1974年に上京し、ヤマハ音楽振興会でアルバイトをしながらその仲間とバンドで活動を開始する。日本人離れした歌唱力と音楽性が関係者の耳に止まり、レコード会社のオーディションを受けて合格。アルバム『フィーリングナウ』でソロデビュー。

1978年、「たそがれマイ・ラブ」がTBS系ドラマ『獅子のごとく』主題歌に採用。大橋自身最大のヒットとなり、同年末『第20回日本レコード大賞』金賞(大賞ノミネート)を獲得。その後「サファリナイト」もヒットした。

2004年、デビュー30周年を記念し、アルバム『trinta』をリリース。斎藤ノブ、土屋昌巳、中西圭三など、親交のあるミュージシャンたちが参加した。

生誕:1950年4月26日
出身地:北海道夕張市
活動期間:1974年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました