福山雅治/零 -ZERO-

この記事は約8分で読めます。

2018年4月7日リリース
作詞:福山雅治
作曲:福山雅治

「零 -ZERO-」(ぜろ)は、福山雅治の4作目の配信限定シングル。アニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌として書き下ろされた曲で、福山にとって『名探偵コナン』とのタイアップは今回が初となる。

「真実を追求するものと己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現できればと思っています」と語るなど、「コナンと安室のバトル」という今作のテーマに寄り添い、映画の世界観が色濃く反映された楽曲となっている。

福山 雅治(ふくやま まさはる)

1990年3月21日、21歳の時にシングル『追憶の雨の中』で歌手デビュー(デビュー時のキャッチフレーズは“イナカモン、バイ。”)。その後、翌1991年春にラジオ番組fm yokohama『ROCK AGE』でラジオDJ(ラジオパーソナリティ)デビュー。同年秋からはTBS系ドラマ『あしたがあるから』でテレビドラマデビュー。端整なルックスで俳優として注目を浴びる。

1992年の自身出演ドラマ『愛はどうだ』の挿入歌に起用された「Good night」のヒットで歌手としても注目され、1993年には大ヒット月9ドラマ『ひとつ屋根の下』で次男役での出演と「MELODY」のヒットで知名度が全国区になり、同年のNHK紅白歌合戦に初出場(当時24歳)。

その後も「IT’S ONLY LOVE」(1994年)、「HELLO」(1995年)とミリオンセラーを連発し、俳優としても月9ドラマ「いつかまた逢える」(1995年)に初主演以降、人気を不動のものにする。1996年から一時芸能活動をセーブするも1998年に本格的に活動再開し、「桜坂」(2000年)が220万枚を超える大ヒットに。1990年代後半以降は好きな男ランキング上位の常連となる。

生誕:1969年2月6日
出身地:長崎県長崎市

活動期間:1990年 ~


※情報はウィキペディアより
※2022年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました