乃木坂46/今、話したい誰かがいる

この記事は約11分で読めます。

2015年10月28日リリース
作詞:秋元康
作曲:Akira Sunset、APAZZI
編曲:Akira Sunset、APAZZI

「今、話したい誰かがいる」(いま、はなしたいだれかがいる)は、乃木坂46の13作目のシングル。映画『心が叫びたがってるんだ。』の主題歌で、楽曲のセンターポジションは白石麻衣と西野七瀬が務めた。

歌詞は『心が叫びたがってるんだ。』の脚本を担当した岡田麿里が秋元康に映画の内容を説明することにより、作品に沿った「ドンピシャの歌詞」が書き下ろされ、映画のストーリーとつながる構成になっている。

幼い頃、何気なく発した言葉によって家族をバラバラにさせてしまい、喋るとお腹の痛くなる呪いをかけられた主人公・成瀬順の苦しみが「何も欲しいと言わなければ 永遠に傷つかずに済む」という歌詞によって語られ、そうして孤独をよしとし、目立たぬように生きてきた主人公が高校の実行委員に任命されたのを契機に、仲間と2人で一本のコーラを飲み交わし、ブランコの好きだった主人公に「君とだったら シーソー乗ってみよう」と感情の変化が生じていくさまが描かれている。

乃木坂46(のぎざか フォーティーシックス)

グループ名に用いられている「乃木坂」は、乃木坂46のプロデュース会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が当時所有していた港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とし、同ビルは乃木坂46結成メンバーの最終オーディション会場として使用された。

当初、ソニー側は「六番町」というグループ名を提案していたが、秋元康が「乃木坂」を提案、議論の結果「乃木坂」に決定した。乃木坂46の「46」という数字は、公式ライバルであるAKB48より人数が少なくても負けない、という意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した。

2011年8月21日、乃木坂46の結成日。オーディションの結果、3万8934人の中から36名を選出。2012年2月22日、1stシングル「ぐるぐるカーテン」(ソニー・ミュージックレコーズ)でCDデビュー。カップリング曲「会いたかったかもしれない」は、AKB48「会いたかった」と同一の歌詞でミュージック・ビデオも同一の場所で撮影した。

2017年には17thシングル『インフルエンサー』で初のミリオンセールスを達成。11月7日、8日には東京ドームでの初のライブ「真夏の全国ツアー2017FINAL!」を開催して2日間で計11万人を動員し、年間のライブ総動員数は約46万人に達した。
15本以上のCM出演数を含め、これらの数字は女性グループとして歴代トップクラスであり、「No.1アイドルグループ」と称された。
年末には「インフルエンサー」が第59回日本レコード大賞において大賞を受賞し、ともに大賞候補にノミネートされていたAKB48との「直接対決」を初めて制した。

翌2018年の第60回日本レコード大賞でも20thシングル『シンクロニシティ』が大賞を受賞、女性グループとしては2011年、2012年のAKB48に続く史上2組目の大賞連覇を達成、賞レースの実績においてもAKB48に肩を並べた。
また同年、2会場同時ライブや初の海外単独公演を行い、前年同様にオリコン年間写真集トップ10に6作がランクインするなど個々も活躍した一方、生駒里奈、西野七瀬、若月佑美などの結成当初からのメンバーを含む8人がグループを卒業。3期生・4期生のみでの番組出演や単独ライブ開催など、次世代とされるメンバーがフィーチャーされる機会が増加し、メディアでは「変革期」「世代交代」と表現されるようになる。

そんな中、約9年間にわたってグループを牽引した白石麻衣が2020年にグループを卒業。白石の卒業後初のシングルとなる26thシングル「僕は僕を好きになる」では、センターの山下美月に加えその両隣のポジションも3期生が固めた。これらの流れを世代交代のターニングポイントと位置づけるメディアもある。

活動期間:2011年 〜


※情報はウィキペディアより
※2022年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました