尾崎紀世彦/また逢う日まで

この記事は約5分で読めます。

1971年3月5日リリース
作詞:阿久悠
作曲:筒美京平
編曲:筒美京平

尾崎紀世彦ソロ2枚目のシングル。オリコンシングルチャートで1位を獲得、同チャート集計では100万枚に近いセールスを記録した。

同年12月31日、初の第13回日本レコード大賞・大賞と第2回日本歌謡大賞・大賞をダブル受賞する。同日に開催された『第22回NHK紅白歌合戦』に白組トップバッターとして初出場。1990年にも、『第41回NHK紅白歌合戦』で「また逢う日まで」が歌唱されている。

Amazonで無料で曲を探す

尾崎 紀世彦(おざき きよひこ)

1960年にハワイアンバンド「ヒロ・ハワイアンズ」結成、1965年にカントリーバンド「ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ」加入。1967年からコーラス・グループ「ザ・ワンダース」を経て、1970年にソロ歌手としてデビュー。愛称は「キーヨ」。ダイナミックな歌唱力と、立派なもみあげや髭がトレードマーク。

生誕:1943年1月1日
出身地:神奈川県茅ヶ崎市
活動期間:1960年 ~ 2012年


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました