40mP feat.初音ミク/からくりピエロ

この記事は約9分で読めます。

2011年リリース
作詞:40mP
作曲:40mP

40mP(よんじゅうメートルピー)

主に音声合成技術VOCALOIDを使った初音ミク、Megpoidといったソフトウェアをボーカルに用いた楽曲を発表している、いわゆるボカロP。シンガーソングライターとしてはイナメトオル名義。

中学生時代にスタジオジブリの映画にのめりこんだ事をきっかけに、ジブリ作品の音楽を手がける久石譲に惹かれ独学で音楽を始め、高校時代にゆずの影響でインストだけでなく歌も作るようになる。
インディーズバンド向けの投稿サイトで活動した後、2008年の夏に、曲を聞いてもらえる場を求め、動画投稿サイトニコニコ動画にて初音ミクの体験版をボーカルにして作成した歌2曲を発表。初めは「ピアニカp」としていたが、2曲目に発表した「Melody in the sky」で使用された初音ミクのイラストが周囲の建物と比べて巨大に見えると視聴者に指摘されたことから、「40mP」と呼ばれるようになった。
「Melody in the sky」はニコニコ動画で人気を集め、その後も会社勤めをしながら週末に曲を作り、ニコニコ動画で発表するようになった。

2010年5月にEXIT TUNESより、ニコニコ動画で発表した曲をまとめたアルバム『LIFE SIZE NOTE -40mP-』を発売しメジャーデビュー。

2011年にはテレビアニメ「FAIRY TAIL」のオープニングテーマ曲「Evidence」(Daisy×Daisy)の作詞・作曲も手がけている。2012年から生演奏によるコンサート「虹色オーケストラ」をスタート。2013年には、「みんなのうた」に8月、9月のオンエア曲として、gumiを使った「少年と魔法のロボット」が起用された。これは「みんなのうた」で史上初の人間以外の音声が流れたこととなる。

2015年4月、シンガーソングライター「イナメトオル」としての動画を公開。名前の由来は、自身の身長「1.7メートル」を文字ったもの。

生誕:1986年2月4日
出身地:岡山県岡山市
活動期間:2008年 〜


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました