スターダストレビュー/木蘭の涙

この記事は約8分で読めます。

1993年3月10日リリース
作詞:山田ひろし
作曲:柿沼清史

「木蘭の涙」(もくれんのなみだ)はスターダストレビューのアルバム『SOLA』(1993年3月10日発売)1曲目に収録。シングル・カットされ同年7月25日に発売。売上約15万枚(オリコン)とヒットした。

2005年、ニッカウヰスキーのCMソングとして新録音された、アコースティック・ヴァージョンが起用され、同年5月25日に『木蘭の涙〜acoustic〜』として発売された。ライヴではバラード調にリアレンジして演奏される。

なお、木蘭とは木蓮の漢語での表記である。

スターダストレビュー(Stardust Revue)

1979年、グループ名「(ジプシーと)アレレのレ」として第18回ヤマハポピュラーソングコンテストに出場。「おらが鎮守の村祭り」で優秀曲賞を受賞。
デビューに際し、グループ名をスターダストレビューに改名。ジャズのスタンダードナンバー「スターダスト」とグループが持つ多様な音楽性をレビュー形式で披露したい、とのことから。

1981年5月25日、アルバム『STARDUST REVUE』、シングル「シュガーはお年頃」でワーナー・パイオニアからデビュー。

1984年に発売された5枚目のシングル「夢伝説」がカルピスのCMソングに起用され、知名度が上昇した。

2001年8月4日、「つま恋100曲ライブ」で101曲演奏、「24時間でグループによる最も多く演奏された」としてギネス世界記録に認定。

2006年1月、シングル「いのちのこたえ」を発表。同年5月、デビュー25周年記念アルバム『HOT MENU』発表。このアルバムのためにスターダストレビュー4人、サポート2人に加え、歴代メンバー三谷泰弘・光田健一、サックス奏者・山本公樹、一夜だけのスペシャルコンサート(『No Ballads』)で競演したBIG HORNS BEEが一堂に会し、アマチュア時代の代表曲「おらが鎮守の村祭り」をレコーディングした。

2017年5月21日、さいたまスーパーアリーナにて「STARDUST REVUE 35th Anniversary スタ☆レビ 大宴会〜大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」を開催。スペシャル・ゲストとして、小田和正、鈴木雅之、KAN、岸谷香、杉山清貴、馬場俊英、松たか子、スキマスイッチ、渡辺美里、森高千里、矢井田瞳、13人のゲストが参加し、6時間を超えるライブとなった。

なお、根本がライブの最中に歌詞を間違える事は日常茶飯事で、とあるクリスマスライブにおいては同じ曲の同じ部分で3度も歌詞を間違え、演奏が何度も途中で止まるという事態が起こっている。それでも演奏終了後に「今日は3部構成でお送りしました」という一言で、観客もメンバーも大爆笑とともに納得させてしまったという。また、根本が語った言葉に「歌詞は生き物」というものもある。

メンバー:根本要、柿沼清史、寺田正美、林“VOH”紀勝
旧メンバー:三谷泰弘、光田健一
活動期間:1979年 ~


※情報はウィキペディアより
※2022年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました