フランク永井/おまえに

この記事は約4分で読めます。

1972年10月1日、1977年3月25日リリース。作詞:岩谷時子・作曲:吉田正。B面には1972年版は「知っていたのかい」1972年版は「妻を恋いうる唄」が収録。オリコン最高位は22位。

本曲は、作曲家・吉田正が自らの人生を陰で支え続けた夫人に対する感謝の念を込めて作られた作品。吉田夫妻と親交のある岩谷時子が、“おしどり夫婦”である同夫妻の仲睦まじさをイメージして作詞した、とも言われている。

元々は1966年に発売されたフランクのシングル『大阪ろまん』のB面(カップリング曲)であった。

1972年にシングルA面曲として発売した当初はあまり注目されなかったが、フランクの恩師である吉田の本曲に対する強い思いからフランク自身のコンサートや確実に高視聴率を取れるNHK紅白歌合戦などで歌い続け、更に有線放送の普及やカラオケブームなどで本曲が日本全国に広まったことも手伝って、その流れで1977年にシングルA面曲として再録音・再リリースし、大ヒットに繋がった。

2008年10月27日に亡くなったフランクの集大成の曲である、とも言われている。

フランク永井(フランク ながい)

本名は、永井 清人(ながい きよと)。魅惑の低音と称された独特の豊かな低音を武器に、師である作曲家の吉田正とともに都会的でジャズテイスト溢れるムード歌謡のジャンルを切り開き、数多くのヒット曲を世に送った。

生誕:1932年3月18日
出身地:宮城県志田郡松山町(現・大崎市)
活動期間:1955年 ~ 1985年


※情報はウィキペディアより
※2020年12月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました