YUI/Good-bye days

この記事は約10分で読めます。

2006年6月14日リリース
作詞:YUI
作曲:YUI
編曲:Akihisa Matsuura

YUIがYUI for 雨音薫名義でリリースした5作目のシングル。自身が主演した映画『タイヨウのうた』の主題歌で、雨音薫とは映画内で自身が演じた役名である。初出場となった第63回NHK紅白歌合戦を始めとして多くの音楽番組で本曲を披露している(いずれもYUI名義)。

オリコンで週間シングルチャート初登場3位を記録し自身最高位更新を果たした。デイリーランキングでは、初登場してから、4日後に初の1位を3日続けて獲得。ウィークリーランキングでは10位以内を連続6週キープ。映画と共にロングヒットを果たした。

映画においては、中規模公開の映画としては異例の興行収入10億を突破する大ヒットとなった。そして、この『Good-bye days』においては20万枚を超えるスマッシュヒットとなった。YUIのシングル作品では最大の売上を記録している。

Amazonで無料で曲を探す

yui(ユイ)

2004年3月に塾関係者の勧めでソニーミュージックグループのSDオーディションに応募し、約2万人の応募者の中から10人の中に残り、最終審査を受ける。その後、ソニーミュージックグループの各レーベルで争奪戦となり、デビューが決まる。

2005年2月23日、1stシングル「feel my soul」を発売しメジャーデビュー。表題曲はフジテレビ系ドラマ『不機嫌なジーン』の主題歌に起用された。

2006年6月17日公開の松竹系映画『タイヨウのうた』に主演で出演し、女優デビュー。中規模公開の映画にも関わらず、興行収入11億円を突破するヒットとなる。6月14日には、映画の役とリンクさせた「YUI for 雨音 薫」名義で、5thシングル「Good-bye days」を発売。表題曲は同映画の主題歌に起用され、カップリングの2曲は同映画の挿入歌に起用された。6月26日付オリコン週間シングルチャートで初登場3位を記録し、シングル・アルバムを通じて自身初のトップ3入りとなった。

2007年1月17日、7thシングル「Rolling star」を発売。表題曲はテレビ東京系アニメ『BLEACH』のオープニングテーマに起用された。
4月4日、2ndアルバム『CAN’T BUY MY LOVE』を発売。4月16日付オリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得し、シングル・アルバムを通じて自身初の1位獲得となった。
9月26日、10thシングル「LOVE & TRUTH」を発売。表題曲は東宝系映画『クローズド・ノート』の主題歌に起用された。10月8日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得し、2作連続の1位獲得となった。

2009年6月3日、13thシングル「again」を発売。表題曲はMBS・TBS系アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のオープニングテーマに起用された。6月15日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得。初動売上は自身初の10万枚突破となり、自己最高記録を更新した。

2012年12月7日、フジテレビ系『僕らの音楽』に出演し活動休止について語った。12月31日、『NHK紅白歌合戦』に「Good-bye days」で初出場。深夜から未明にかけて放送されたTBS系『CDTVスペシャル 年越しプレミアライブ 2012→2013』に出演。これをもってYUIとしての活動を休止した。
本人によると、休止の理由として、制作における摩擦が積み重なっていったこと、また、結果的にYUIというものが大きくなったことを挙げ、限界だな、と思ったと言う。ただし、ポジティブなものとして受け止めてもらいたいと述べている。

2013年4月2日、ロックバンド『FLOWER FLOWER』のボーカルとして5月4日から活動を再開することが発表された。

2018年5月18日には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』にバンドとして初出演を果たす(ソロ時代を含めると実に約5年半ぶりの出演)。

生誕:1987年3月26日
出身地:福岡県糟屋郡古賀町(現・古賀市)
活動期間:2004年 〜 2012年 (ソロ)、2013年 〜(FLOWER FLOWER)


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました