ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた

この記事は約13分で読めます。

2019年4月10日リリース
作詞:n-buna
作曲:n-buna
編曲:n-buna

ヨルシカの1stフルアルバム「だから僕は音楽を辞めた」収録曲の1つ。コンポーザーのn-bunaが描く物語を軸に楽曲を書き下ろしたコンセプトアルバム。音楽を辞めることになった青年“エイミー”がスウェーデンを旅しながら“エルマ”へ向けて作った設定の楽曲、全14曲を収録している。「n-bunaが描く物語と楽曲と、suisの透明感ある歌声と表現力で作り上げられた、ヨルシカとしての新たな作品」であるとされている。

「だから僕は音楽を辞めた」は今作の表題曲。音楽を辞めた物語の主人公エイミーの葛藤を歌った曲である。

オリコンチャートでは、2019年4月22日付の週間ランキングで最高5位を記録した。

ヨルシカ

コンポーザーとしても活動しているn-bunaが、ワンマンライブにゲストボーカルとして参加したsuisと共に2017年に結成。n-buna自身は「ヨルシカはバンドとは正確には少しイメージが違う」とした上で、ヨルシカ自体も一つの作品であると語っている。

2019年4月10日、1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』を発売。

2020年2月「第34回日本ゴールドディスク大賞」ベスト5ニューアーティスト【邦楽】を受賞した。2020年公開の長編アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」には、主題歌として「花に亡霊」、挿入歌として「夜行」、エンドソングに「嘘月」を提供する。

2020年8月29日、2ndミニアルバム『負け犬にアンコールはいらない』収録曲の『ただ君に晴れ』のミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した。

2021年1月9日ヨルシカ初の配信ライブ「ヨルシカ Live 前世」が開催された。2021年4月3日には『だから僕は音楽を辞めた』のミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した。

なお、「作者が作品より前に出ないようにしたい」とのコンセプトから、2021年3月時点で2人の顔や詳細なプロフィールは公開されていない。

ヨルシカというバンド名は、1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』の収録曲「雲と幽霊」の歌詞の一節「夜しかもう眠れずに」から取られた。また、目のようなデザインのロゴマークは月と月が向かい合っているモチーフで、時計の針にもなっており、「6時から夜」という意味が込められている。また、制作時「鹿の目」というアイデアもあった。

メンバー:n-buna、suis
活動期間:2017年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました