米津玄師/Lemon

この記事は約8分で読めます。

2018年3月14日リリース
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師
編曲:米津玄師

米津玄師のメジャー通算8枚目のシングル。CDリリースに先立ち、2018年2月12日にソニー・ミュージックレコーズより配信リリース。リリース直後から音楽配信サービスや動画共有サービスで反響を呼び、以降歴史的ロングヒットを記録し2018年、2019年を代表する曲となった。

「Lemon」は『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされたが、劇中では人の死を多く扱っており、楽曲も同じテーマが重要視されて制作された。

楽曲制作中に祖父が他界し、自分の中での死に対する価値観が変わったことで、かなり悩んだことや完成までにかなりの時間がかかった事を明かしている。ドラマプロデューサーからは「傷ついた人たちを優しく包み込むような曲」としてオーダーされたが、米津本人は出来上がった楽曲について「“あなたが死んで悲しいです”としか言ってない気がする」との感想を持っている。

米津 玄師(よねづ けんし)

米津は2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始。おとぎ話のような物語性の色濃い楽曲がニコニコ動画上で若いユーザーを中心に人気を博した。メジャーデビュー以前は作詞・作曲・編曲だけでなく、ミュージックビデオやジャケットワークに至るビジュアルデザインまで自らこなしていた。

当時はDTMによる打ち込みが主体であり、ハチ名義で活動していた中期から、本人名義のアルバム『diorama』リリースのころには、下手をすれば不協和音になりかねないメロディラインやガチャガチャとしたリズム構成をしつつも、キャッチーさを損なわない音作りが特徴的であった。

ボカロP・ハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー。

2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録し、2年連続でのBillboard Japan Hot 100年間チャート首位を記録。自身最大のヒット曲及び2018年最大のヒット曲となった。また、同曲は平成生まれのアーティストで、史上初の300万ダウンロードを超えた曲となった。

生誕:1991年3月10日
出身地:徳島県徳島市

活動期間:2009年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました