田端義夫/かえり船

この記事は約6分で読めます。

1946年リリース
作詞:清水みのる
作曲:倉若晴生

『かえり船』がヒットしていた当時、田端は巡業のために汽車を待っていた大阪駅にて、『かえり船』が流され、それを聴いていると復員兵士が涙を流して聴き入っているのを見て、「ああ、私の歌で涙を流す人がいる。歌手をやっていて良かったな、生きていて良かったんだな」と思ったことを後に著書(『オース!オース!オース!―バタヤンの人生航路』)に綴っている。

田端 義夫(たばた よしお)

本名は田畑 義夫(読み同じ)。第二次世界大戦前から21世紀初頭まで現役歌手として活躍した。愛称はバタヤン。水平に構えて持つ、アメリカのナショナル・ギター社製エレキギターと威勢のよい挨拶がトレードマークであった。

生誕:1919年1月1日
出身地:三重県松阪市


※情報はウィキペディアより
※2021年1月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました