細川たかし/矢切の渡し

この記事は約5分で読めます。

1983年2月21日リリース
作詞:石本美由起
作曲:船村徹
編曲:薗広昭

ちあきなおみが1976年に発表した『矢切の渡し』(作詞:石本美由起、作曲:船村徹)のカバーを発表。オリコン1983年度年間2位のヒットとなり、第25回日本レコード大賞を受賞。大賞受賞年の翌年は売れないというジンクスを打ち破り、史上初の2連覇を果たした。

Amazonで無料で曲を探す

細川 たかし(ほそかわ たかし)

歌手を志したきっかけとなったのは、井沢八郎のヒット曲『北海の満月』を聴いてから。中学校の卒業アルバムに『北海の心 満月の姿』と書いたほど少年時代の細川はこの曲が大好きであった。後に『北海の満月』の作詞&作曲コンビで『満天の舟歌』を歌っている。

上京する前は、札幌・すすきののクラブを中心に歌手活動。雰囲気が森進一に似ていたことから“札幌の森進一”と呼ばれていた。その活動に東京の芸能プロダクションが着目し、メジャーデビューを勧める。
この下積み時代にのちに妻となる女性と知り合い、1974年に結婚していたこともあり、単身上京することに迷いもあったが背中を押してくれたのは他でもない妻であった。「1年で売れなかったら戻る」と約束して妻子を残し、北海道から上京した。

北海道出身ということもあり、少年時代からスキーを得意にしていて、全日本スキー連盟(SAJ)公認スキーバッジテストで一級を取得している。またSAJ教育本部アドバイザーも務めている。
2010年にはスキーのジュニア選手育成とスポーツ振興を柱としたNPO法人『特定非営利活動法人細川たかしとワールドスキージュニア』を設立。
2011年から細川自らの名を冠したジュニアスキー大会『細川たかし ワールドスキージュニア大会』を創設、現在では35歳以上のスキーヤーを対象にした『細川たかし マスターズ・テクニカルカップ』も創設して二つの冠大会を毎年開催するなどスキー振興にも力を入れている。

大のハローキティ好き(いわゆる「キティラー」)。元々は少年隊の植草克秀にプレゼントとしてキティグッズをもらったのがきっかけで、自らの座長公演の際には楽屋にキティ柄の寝具一式を持ち込むという。自身とコラボしたハンカチを特注したこともある。

生誕:1950年6月15日
出身地:北海道虻田郡真狩村
活動期間:1975年 ~


※情報はウィキペディアより
※2020年12月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました