nobodyknows+/ココロオドル

この記事は約8分で読めます。

2004年5月26日リリース
作詞:nobodyknows+
作曲:nobodyknows+

nobodyknows+の3枚目のシングル。テレビ東京系アニメ『SDガンダムフォース』第2期エンディングテーマ。この曲で、同年の『第55回NHK紅白歌合戦』に初出演した。

初回生産限定盤にはSDガンダムフォースのキャプテンガンダムの限定カラープラモデルが付属された。このシングルで、グループ初のオリコントップ10入りを果たし、彼らのシングルでは最大のヒットを記録している。

nobodyknows+(ノーバディーノウズ)

1999年10月1日 – 愛知県名古屋市で結成(当時のユニット名は「nobody knows」、メンバーはg-ton、DJ MITSU、crystal boyの3人)。2000年、DJ MITSUが主宰するレーベル『$TAX Records』より、”nobodyknows”、2001年に”nobodyknows 2″を発表。

様々な名古屋在住のアーティストの作品を次々と全国流通させ、それまで東京中心であったHipHopカルチャーへのカウンター的レーベルとして高く評価されている。

2002年 SONY MUSICと契約。大ヒットとなる”ココロオドル”を含む1stアルバム『Do You Know?』(2004年)がオリコンアルバムランキング1位を達成。前代未聞となる『所属事務所無し』でのNHK紅白歌合戦出場、同年の有線大賞新人賞を始めとする様々な賞を獲得。

2019年、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』に書き下ろし楽曲『Bad Ass Temple Funky Sounds』を提供。同楽曲を収録したアルバムはオリコンシングルチャートで週間1位を獲得した。

唯一の主催イベントとなる年末の恒例ワンマンライブ『出張ネバーランド・大忘年会スペシャル』には、名古屋ゆかりのアーティストや著名人、格闘家やプロ野球選手などがゲストとして登場、大盛況を博している。なお2007年3月まで、5MCに1DJという珍しい形式をとっていた。

メンバー:ホクロマン半ライス!!!、crystal boy、ヤス一番?、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス、DJ MITSU、ファンキー☆翔
活動期間:1999年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました