夏川りみ/涙そうそう

この記事は約5分で読めます。

森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲。「涙そうそう」の意味は、涙がポロポロこぼれる様子であり、森山が2人だけの年子の兄妹で、早世した兄への思いを歌詞に込めたものである。

幼少期には取っ組み合いのけんかをし、同じ高校で同じバスケットボール部に所属。死の直後は誰を見ても兄に見え、思い出すのも辛く、家族も誰も兄の話題を口にしなかった。森山は居間の棚から赤い革表紙のアルバムを取り出しては、兄の影を追ってひとり泣いた。そんなある日、一番星を見上げると星が瞬いた時、「メソメソすんなよ。助けてあげられなくて悪いけど、お前もがんばれよ」と森山には、兄が語りかけてきたような気がした。そんな思いを歌詞にしたもので、現在でも一日の出来事や思いを、一番星に向かってそっと打ち明けているという。

夏川りみの現在の名義における3枚目のシングルとして2001年3月23日に発売。夏川は、沖縄サミットのテレビ中継でBEGINがこの曲を演奏しているのを見て、カバーしたいと思うようになった。BEGINは夏川の依頼に応えて「あなたの風」を提供するが、夏川はなおも「涙そうそう」にこだわり、最終的にカバーが実現した。

沖縄県の大手CDショップ「照屋楽器店」の売上ランキングでは発売1週目にしてB’zの「ultra soul」に次ぐ2位を記録。2001年、沖縄のラジオ3局(エフエム沖縄、琉球放送、ラジオ沖縄)で年間チャート1位となる。全国に知られるようになるまでには時間がかかったものの、2002年から3年あまりに渡ってヒットし続けた。累計売上は120万枚突破。

2019年9月23日付までのオリコン週間シングルランキングでのトップ100ランクイン週数は通算157週であり、SMAPの「世界に一つだけの花」、中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」に続いて歴代3位である。

Amazonで無料で曲を探す

夏川 りみ(なつかわ りみ)

沖縄県石垣市出身。ビクターミュージックアーツ所属。旧芸名は星 美里(ほし みさと)。本名、玉木 りみ(たまき りみ)、旧姓、兼久(かねく)。夫はパーカッション奏者でTUBEのサポートメンバーとして知られる玉木正昭。

生誕:1973年10月9日
出身地:沖縄県石垣市
活動期間:1986年 ~


※情報はウィキペディアより
※2020年12月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました