L’Arc~en~Ciel/READY STEADY GO

この記事は約8分で読めます。

2004年2月4日リリース
作詞:hyde
作曲:tetsu
編曲:L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

L’Arc〜en〜Cielの22作目のシングル。MBS・TBS系アニメ『鋼の錬金術師』第2期(第14話 – 第25話)オープニングテーマ。タイトルは日本語に直訳すると「よーい、ドン!」という意味。楽曲はギター、ベース、ドラムのシンプルな音の上にシンセサイザーを多用している。

ライブでは盛り上がる曲の一つとなり、活動再開後のライブではアンコール突入前の定番ソングとなっており、原曲からさらにテンポアップされて演奏されることが多い。アルバム『SMILE』には、表記はされていないがアルバムバージョンで収録されている。アルバムバージョンでは冒頭にhydeの「Are you ready?」という掛け声が入っており、終わりも次曲につながる構成になっている。

オリコンシングルチャートでは、前作に続き通算11作目となる首位獲得となった。また、このシングルで「NEO UNIVERSE/finale」「STAY AWAY」を発売した2000年以来となるオリコン年間シングルチャートTOP30にランクイン(18位)した。また、アニメタイアップ楽曲を含むシングルの中では2004年度の年間シングル売り上げ枚数1位を記録している。

Amazonで無料で曲を探す

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)

1991年2月頃、兵庫県西宮北口駅のスタジオにてtetsuyaを中心に結成される。1994年7月1日、ビデオシングル『眠りによせて』を発売しメジャーデビュー。アルバムを引っ提げて行われたライブツアー「TOUR heavenly ’95」では初の日本武道館公演を開催し、徐々に人気を広げ動員規模を拡大していった。

1996年5月には、ライブ「Kiss me heavenly deadly ’96 REVENGE」を開催し、2年前のリベンジとなる東京ベイNKホールでのソールドアウトを達成。また、同年7月からシングル3作品を立て続けにリリースした。中でも10月17日に発売したシングル「flower」は累計30万枚以上を売り上げるヒット作となった。

1998年7月には「HONEY」「花葬」「浸食 〜lose control〜」のシングル3作を同時発売。この同時発売により、発売2週目にはオリコン週間シングルチャート1位と2位を独占し、「HONEY」「花葬」の2作がシングルとしては初のミリオンセラーを記録。中でも自身のシングル最高売上を記録した「HONEY」は、全日本有線放送大賞を獲得する他、初出場となったNHK紅白歌合戦において披露された。
さらに、10月には「snow drop」「forbidden lover」のシングル2作を2週連続発売し、オリコンチャート史上初の2度目のシングルチャート1位と2位の独占を達成し大きな注目を浴びた。

グループ名はフランス語の「虹」を意味する l’arc〜en〜ciel。当時本屋などで資料を探していたtetsuyaがこの言葉をたまたま見つけ、見た目や響き、さらには様々な色を表現する「虹」が「音楽」の表現という点で共通していると感じたため、この名前をつけたという。

メンバー:hyde、ken、tetsuya、yukihiro
旧メンバー:hiro、pero、sakura

活動期間:1991年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました