CHEMISTRY/PIECES OF A DREAM

この記事は約9分で読めます。

2001年3月7日リリース
作詞:麻生哲朗
作曲:藤本和則
編曲:藤本和則

CHEMISTRYのデビューシングル。UHFアニメ『ReLIFE』第11話エンディングテーマ。

デビュー曲にしていきなりオリコンシングルチャート初登場2位を記録。その後5週にわたり同チャートTOP5に滞在し、更には発売6週目でオリコン1位を獲得。その後もロングセラーを続け、発売15週目にてミリオンセラー達成。2001年のオリコン年間シングルチャート第3位にチャートイン。第16回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

Amazonで無料で曲を探す

CHEMISTRY(ケミストリー)

テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』が行った男性ボーカリストオーディションで選ばれた2人により結成される。2人の声が「音楽的化学反応」を起こすことを期待して、21世紀初日の2001年1月1日にアメリカ合衆国で松尾潔から「CHEMISTRY」と名づけたことを聞かされた。

2001年3月7日にシングル「PIECES OF A DREAM」でデビューし、発売6週目でオリコン1位を獲得する。これはジャニーズ事務所所属のアイドルを除けば男性ボーカルグループでは21年ぶりという快挙であった。その後ロングヒットとなり、発売15週目にミリオンセラーを達成する。
また、同年11月には初のオリジナルアルバム『The Way We Are』を発売、トリプルミリオンを記録。このアルバムのセールスで、オリコンに於ける男性アーティストのデビューアルバムとしての歴代1位記録を樹立した。また、この年には『第52回NHK紅白歌合戦』に初出場し、この年は CHEMISTRYの年と呼ばれた。

2002年12月、シングル「My Gift to You」発売。世界初のauの着うたソングに起用される。翌2003年1月には2作目のオリジナルアルバム『Second to None』を発売。オリコン週間アルバムチャートで2週連続の第1位を獲得。また、ミリオンセールスも記録し2003年年間アルバムランキングでも1位を獲得した。

2012年4月7日、コンサートツアー『CHEMISTRY TOUR 2012 -Trinity-』の沖縄での最終公演で、CHEMISTRYの活動をいったん休止してそれぞれのソロ活動に専念することを発表。

2017年2月28日 〜 3月1日に東京国際フォーラムで行われたワンマンライブ【CHEMISTRY LIVE 2017 – TWO – 】で活動を再開。2017年11月15日に活動再開後初となる35thシングル「Windy/ユメノツヅキ」を、6年ぶりにリリースした。

メンバー:川畑要、堂珍嘉邦
活動期間:2001年 〜 2012年、2017年 〜


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました