BTS/Dynamite

この記事は約10分で読めます。

2020年8月21日リリース
作詞:デイヴ・スチュワート、ジェシカ・アゴンバー
作曲:デイヴ・スチュワート、ジェシカ・アゴンバー

デジタルシングルとして発売され、BTSとして初めて歌詞が全て英語で書かれた。

Billboard Hot 100にて2週連続で1位を獲得。後に2位になったものの1位に返り咲き、計3週間1位となった。また、8月21日にYouTubeにてミュージックビデオが公開されると、24時間内の再生回数は1億110万回に達し、新記録を樹立した。

Dynamiteはパンクとソウルの要素を併せ持ち、 1970年代の影響を受けたディスコポップソング。ビルボードチャートで上位にランクインする事が出来た理由に全編英語の歌詞である事が指摘されており、K-POPコラムニストであるジェフ・ベンジャミンは「英語の歌詞でない曲はアメリカで人気を集めにくく、全て英語の歌詞である事からアメリカの社会にいち早く溶け込む事が出来た」と見解を示し、「ビルボードチャートに入るための戦略として英語で書かれた訳ではなく、新しい試みだった」とも評価している。

防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん)/ 通称:BTS(ビーティーエス)

Big Hit Entertainment(現 BIGHIT MUSIC)から初のボーイズグループとして、2013年6月13日にミニアルバム『2 COOL 4 SKOOL』でデビュー。日本では、2014年にポニーキャニオンからデビューし、2017年にユニバーサルミュージック傘下のデフ・ジャム・レコーディングスへ移籍した。

グループ名「防弾少年団」には、『10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く』という意味がこめられている。韓国では、「バンタンソニョンダン(韓: 방탄소년단)」と発音されるため、「バンタン」と略される。

2017年から、世界進出を視野に入れ、防弾少年団のローマ字表記である「Bangtan Sonyeondan」の略称で、英語圏向けの名称であった「BTS」を通称として用いるようになった。同時に『現実に安住することなく、夢に向かって絶えず成長していく青春』という意味を込めて、BTSを「Beyond The Scene」と定義付けた。その他にも、「Bangtan Boys」、「Bullet Proof Boys」、「Bulletproof Boy Scout」などと訳されることがある。

また、ファンクラブ名「ARMY」は、軍隊を意味する英単語である「Army」と、『若者を代表する魅力的なMC』という意味の「Adorable Representative MC for Youth」を掛け合わせた造語である。

実力派グループで、強烈なダンスパフォーマンスに定評がある。メンバー自らも作詞作曲や振り付け、ミュージックビデオ制作の考案を行うなど、積極的にアルバム製作にも参加している。特にラッパーであるSUGA、J-HOPE、RMの三人は、自身らのラップパートのほとんどを作詞している。

ソーシャルメディアを上手く活用して人気を得たグループでもあり、Weverseで積極的にファンとコミュニケーションを取ったり、V LIVEで頻繁に生配信やバラエティー番組の放送を行ったりしている。YouTubeではダンス練習動画を始め、各種音楽番組やジャケット撮影の舞台裏はもちろん、ラジオテイストでの座談会や食事の様子を配信したりするなど、その内容は多岐に渡る。

メンバー:RM、JIN、SUGA、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK
活動期間:2013年6月13日 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年5月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました