米津玄師/感電

この記事は約9分で読めます。

2020年8月5日リリース
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師
編曲:米津玄師

米津玄師の5枚目のスタジオ・アルバム「STRAY SHEEP」収録曲。TBSテレビ金曜ドラマ『MIU404』の主題歌として書き下ろされた。アルバムより先行して同年7月6日にSME Recordsより、各種音楽配信サービスにてリリースされた。

作曲にあたり、米津は『MIU404』の第1・2話の脚本を読み、いろいろな連想をもとに作り上げた。ドラマ内容が警察の話であることから、『太陽にほえろ!』などの昭和の刑事ドラマの音楽のような、ホーンセクションを前面に出した曲調をイメージした。米津はホーンを前に出すタイプの曲をそれまでやっておらず、その制作に「新しいところに到達できるんじゃないかという予感」を込めた。また脚本に車の中の場面が多くあったため「車で流して気持ちいいものを作りたい」、「作中の二人の関係性を軽妙かつやるせなく表現できたら」と考えて作り上げた。

米津 玄師(よねづ けんし)

米津は2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始。おとぎ話のような物語性の色濃い楽曲がニコニコ動画上で若いユーザーを中心に人気を博した。メジャーデビュー以前は作詞・作曲・編曲だけでなく、ミュージックビデオやジャケットワークに至るビジュアルデザインまで自らこなしていた。

当時はDTMによる打ち込みが主体であり、ハチ名義で活動していた中期から、本人名義のアルバム『diorama』リリースのころには、下手をすれば不協和音になりかねないメロディラインやガチャガチャとしたリズム構成をしつつも、キャッチーさを損なわない音作りが特徴的であった。

ボカロP・ハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー。

2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録し、2年連続でのBillboard Japan Hot 100年間チャート首位を記録。自身最大のヒット曲及び2018年最大のヒット曲となった。また、同曲は平成生まれのアーティストで、史上初の300万ダウンロードを超えた曲となった。

生誕:1991年3月10日
出身地:徳島県徳島市

活動期間:2009年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました