Aqua Timez/等身大のラブソング

この記事は約8分で読めます。

2005年8月24日リリース
作詞:太志
作曲:太志

Aqua Timezのデビューミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』に収録されている曲。

サビの部分が当時OAされていた公共広告機構(現:ACジャパン)のCMの部分とも重なったためか、有線やFM局を中心に大量にOAされる。アマチュア時代は、初代シングル「いつもいっしょ」のボーナストラックとして収録されていた。しかし、「いつもいっしょ」に収録されているのとは歌詞が異なる。太志曰く、「ファンの皆が育てた曲。」

「等身大のラブソング」が有名になり、発売から半年後にオリコンチャート1位を獲得し、累計で80万枚を越える大ヒットとなったAqua Timezの出世作である。

Amazonで無料で曲を探す

Aqua Timez(アクア タイムズ)

2003年結成。2005年にミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』でインディーズデビュー。収録曲「等身大のラブソング」が注目されインディーズながら80万枚を超えるセールスを記録する。

2006年4月、2ndミニアルバム『「七色の落書き」』でメジャーデビュー。『NHK紅白歌合戦』にも2度出演した。

2018年5月8日、年内の活動をもって解散することを発表。同年11月18日、横浜アリーナで行われた『Aqua Timez FINAL LIVE「last dance」』の公演をもって活動を終えた。

バンド名の由来は、結成当時存在していた「〜Timez」という情報誌から。「Aqua」は決めなければならない締切が近付いており慌てて決めたものであったため、特に意味はない。

旧メンバー:太志、OKP-STAR、大介、mayuko、TASSHI、アビコ
活動期間:2003年 〜 2018年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました