RADWIMPS/前前前世 (movie ver.)

この記事は約14分で読めます。

2016年7月25日先行配信リリース
作詞:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎

新海誠が監督、RADWIMPSが劇伴を務めた長編アニメーション映画「君の名は。」の挿入曲。

「前前前世」は映画の劇伴用に制作された「movie ver.」、RADWIMPSのオリジナル・アルバム用に歌詞を追加しリアレンジされた「original ver.」、映画の海外進出を機に英語詞がつけられた「Zenzenzense (English ver.)」の3つのバージョンが存在する。
本来「movie ver.」は映画の劇中で使用される予定であったが、「original ver.」を聴いた新海がこれに惚れ込み急遽、「君の名は。」挿入曲として使用された。「original ver.」は11月にRADWIMPSのオリジナル・アルバム「人間開花」がリリースされるまで映画本編でしか聴けないレアトラックとなっていた。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)

2001年、野田がバンド活動をしている友人からギターを聞きたいと言われ、ギターを弾いて聞かせたところ、友人はそれを密かに携帯電話で録音していた。その音源を聴いた桑原が野田に惚れ込み、野田をバンドに誘ったことからRADWIMPSが結成された。

2005年5月25日には、バンド初の両A面となる3rdシングル『へっくしゅん/愛し』を発売。9月3日、「はるなっTOUR」ファイナルの、横浜BLITZ公演にてメジャーデビューを発表し、二か月後の11月23日、4枚目のシングル『25コ目の染色体』を発売し、東芝EMIからメジャーデビューを果たした。

2006年11月8日、8thシングル『セツナレンサ』発売。オリコン初登場4位を記録し、シングル・アルバム通じて初のTOP10入りを果たす。

2008年1月23日に、9thシングル『オーダーメイド』発売。この作品で、バンドとして初のオリコン初登場1位を獲得した。
翌年1月7日、新曲「おしゃかしゃま」「雨音子」の着うたを配信。同日、5thアルバム『アルトコロニーの定理』を3月11日に発売することを発表した。3月11日、宣言通り5thアルバム『アルトコロニーの定理』を発売。このアルバムでバンド史上最高の初動売上を記録し、オリコン初登場2位を獲得した。

2011年1月12日に12thシングル『DADA』を発売。今までに発売したシングルの中では最高の初動売上を記録し、2作目となるオリコン初登場1位を獲得した。

2016年8月24日、同名アニメーション映画のサウンドトラックでもある、アルバム『君の名は。』発売。26日、20曲以上の劇中音楽全てを制作した、新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が公開される。

2019年7月19日には、『君の名は。』と同様に全編の音楽を担当した、新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』が公開され、サウンドトラック『天気の子』を同日発売した。

なおバンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「まじスゲーびびり野郎」といった意味である。

メンバー:野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、山口智史
旧メンバー:斉木祐介、朝生恵、芝藤昭夫
活動期間:2001年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました