安全地帯/ワインレッドの心

この記事は約7分で読めます。

1983年11月25日リリース
作詞:井上陽水
作曲:玉置浩二
編曲:安全地帯、星勝

安全地帯の4枚目のシングル。ヒット曲が出ない安全地帯に対してスタッフが井上に作曲を依頼する事を打診するも、それを拒否し玉置が作曲した曲。玉置曰く「歌謡曲っぽくて売れそうな感じの曲」を目指して製作された。井上による詞は大人の危険な恋模様を描いたものとなっている。

サントリー「赤玉パンチ」コマーシャルイメージソング、またフジテレビ系ナショナル木曜劇場ドラマ『間違いだらけの夫選び』(1985年)エンディングテーマとして使用された。

オリコンでは初の1位獲得となり、翌年1984年の年間チャート2位に輝いた。オリコン調べによる売上枚数は71.4万枚。安全地帯の代表曲の一つである。

Amazonで無料で曲を探す

安全地帯(あんぜんちたい)

1973年にボーカルの玉置浩二およびギタリストの武沢豊を中心に、北海道の旭川市で結成。バンド名は、道路交通法による「安全地帯」から名付けられた。

北海道内でのアマチュア活動後、井上陽水のバックバンドとしての全国ツアーを経て1982年にシングル「萠黄色のスナップ」でメジャーデビュー。1983年にリリースしたシングル「ワインレッドの心」が71.4万枚を売り上げる大ヒットとなり、以後「恋の予感」「熱視線」「悲しみにさよなら」「碧い瞳のエリス」など多数のヒット曲をリリースした。

メンバー:玉置浩二、矢萩渉、武沢豊、六土開正、田中裕二
旧メンバー:武沢俊也、玉置一芳、宮下隆宏、大平市治
活動期間:1982年 ~ 1992年、2002年 ~ 2003年、2010年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました