郷ひろみ/哀愁のカサブランカ

この記事は約7分で読めます。

1982年7月17日リリース
作詞:B. Higgins, S. Limbo, J. Healy/日本語詞:山川啓介
作曲:B. Higgins, S. Limbo, J. Healy
編曲:若草恵

郷ひろみの43枚目のシングル。この曲で西城秀樹の「リトルガール」に続きオリコン史上2人目となる、シングル30曲ベストテン入りを果たした。

1982年4月初旬、バーティ・ヒギンズ(英語版)の「Casablanca(カサブランカ)」(アルバム『Just Another Day in Paradise』収録)のラフ・テスト盤を聴いたニッポン放送パーソナリティ・はた金次郎は同曲の日本でのヒットを確信。自身が担当していた『オールナイト・電リク』にて日本語歌詞と適任のアーティストを募集した。

その結果、1,000通を超える応募があり、その中から当時18歳で作詞家志望の高校生、吉井伸子が最優秀作詞賞に選ばれた。スタッフによる協議の結果、アーティストには郷ひろみが選ばれ、ニッポン放送ラジオ・スタジオ銀河にて収録が行われた。放送直後から大きな反響があり、CBSソニーは山川啓介による日本語歌詞に変えたものを市販することを決定した。

「ザ・ベストテン」でもランクインしたが、郷自身が「自身が気に入っている歌を他者に順位付けされたくない」という理由で、この曲のヒットを機にベストテンの出演を一切しない意向を示した。ただし、ベストテンにランクインしたのは、この曲が最後である。

Amazonで無料で曲を探す

郷 ひろみ(ごう ひろみ)

本名は原武 裕美(はらたけ ひろみ)。高校一年のとき、家族で日比谷に映画を観に行った帰り、フォーリーブスのマネージャーにスカウトされ、彼らの合宿所に出入りするうちジャニーズ事務所所属となる。

実際はジャニーズ事務所の社長であったジャニー喜多川に惚れ込まれてスカウトを受け、超VIP待遇でジャニーズ事務所に所属となったことが2020年の本人談で明かされている。

芸名は、事実上の初デビューとなった北海道旭川市のフォーリーブスファンからの声援「レッツゴーひろみ」から借名して「郷ひろみ」になり、大阪でファンクラブが発足する。
フォーリーブスの弟分として活躍し発展するよう、4より多い5(ゴー)から「郷ひろみ」と芸名が付けられた。

生誕:1955年10月18日
出身地:福岡県

活動期間:1971年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました