あいみょん/ハルノヒ

この記事は約10分で読めます。

2019年4月17日リリース
作詞:あいみょん
作曲:あいみょん
編曲:立崎優介、田中ユウスケ

「ハルノヒ」は、あいみょんのメジャー7枚目のシングル。アニメ映画『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』の主題歌として書き下ろされた。また、映画の宣伝を兼ねて期間限定でテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』エンディングテーマにも起用された。

表題曲のタイトル「ハルノヒ」は、野原一家の住居のある街・「春日部」に由来し、『春日部』→『春の日』→『ハルノヒ』となった。

歌詞は『クレヨンしんちゃん』の登場人物である野原しんのすけの両親・野原ひろしと野原みさえにスポットが当てられており、歌詞はひろしの視点から書かれている。
歌いだしに登場する「北千住駅のプラットホーム」は、ひろしがみさえにプロポーズした場所となっている。
このエピソードを踏まえ、2019年4月18日放送の『ミュージックステーション』でこの楽曲が披露される際、野原一家が北千住駅のプラットホームでプロポーズの思い出を語るという内容のスペシャルアニメが放送された。

あいみょん

2015年3月4日、タワーレコード限定シングル『貴方解剖純愛歌 〜死ね〜』でインディーズ・デビュー。その過激な歌詞が話題となり、テレビ・ラジオ各局では放送自粛となるもオリコンインディーズウィークリーチャートで10位にランクインする。5月20日、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『tamago』をインディーズでリリース。

2016年11月30日、シングル『生きていたんだよな』でunBORDEよりメジャーデビュー。デビューシングルにはスタッフ満場一致で女子高生の自殺をテーマにしたこの曲が選ばれた。表題曲はテレビ東京のテレビドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」の主題歌に起用された。またデビューした日である11月30日をファンが「あいみょんの日」、「いいさおの日(ギターの日)」と語呂合わせをした。これを本人は運命的な日であると気に入っている。

2017年2月4日に公開された映画『恋愛奇譚集』に初の映画主題歌となる「漂白」を書き下ろした。8月2日に3rdシングル『君はロックを聴かない』を発売し、全国AM/FMラジオ計42局で8月度のパワープレイ/ヘビーローテーションを獲得し、獲得数の記録を4年3か月ぶりに更新した。9月13日、1stフルアルバム『青春のエキサイトメント』を発売し、2年以上オリコンチャートに入り続けるロングセールスを記録。

2018年8月8日、5thシングル『マリーゴールド』をリリース。ストリーミングチャートで20週連続1位を記録。10月12日に公開された映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のダブル主題歌のうち、吉岡里帆演じるふうかの歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を担当。12月31日には第69回NHK紅白歌合戦に初出場。本番では「マリーゴールド」を歌唱した。

アーティスト名である「あいみょん」は、もともとはアルバム『tamago』に収録されている「○○ちゃん」の楽曲のモデルになった友達から呼ばれていたあだ名である。台湾では「愛繆」(アイミウ)のアーティスト名で作品をリリースしている。

生誕:1995年3月6日
出身地:兵庫県西宮市
活動期間:2014年 〜


※情報はウィキペディアより
※2022年5月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました