渡辺真知子/かもめが翔んだ日

この記事は約7分で読めます。

1978年4月21日リリース
作詞:伊藤アキラ
作曲:渡辺真知子
編曲:船山基紀

渡辺真知子のセカンド・シングル曲。デビュー曲「迷い道」には及ばなかったものの46万枚を売り上げ、渡辺はこの曲で1978年12月31日の第20回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。

また、発売前のソニーでの試聴会ではいろいろな曲が流れる中、この曲には拍手が起き、試聴会にもかかわらず異例の要望によりアンコールが行われた。これらのことにより、周囲の関係者は発売前からヒット曲になることを確信していたという。

Amazonで無料で曲を探す

渡辺 真知子(わたなべ まちこ)

1977年にデビュー。松任谷由実や中島みゆきなどの次の世代のニューミュージックシンガーとして、声楽科出身の豊かな声量で人気を博し、数々のヒットを生んだ。

1970年代後半のニューミュージックブームの中でシンガーソングライターとしてヒットチャートを賑わせ、それまで歌謡曲中心だったテレビの音楽番組にも出演し、日本中に広く顔と歌声が知られたミュージシャンの一人。

生誕:1956年10月23日
出身地:神奈川県横須賀市
活動期間:1977年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました