鈴木聖美 with ラッツ&スター/ロンリー・チャップリン

この記事は約6分で読めます。

1987年7月1日リリース
作詞:岡田ふみ子
作曲:鈴木雅之
編曲:村松邦男・鈴木雅之

鈴木聖美 with Rats&Starの2枚目のシングル。先行で鈴木雅之のシングル「Liberty」のB面として発表の後、アルバム『WOMAN』に収録され、さらにリカットされた。鈴木聖美と弟でラッツ&スターのリーダーである鈴木雅之のデュエットソングである。

曲名およびサビの歌詞に「チャップリン」という単語が出てくるが、チャールズ・チャップリンのことを歌った歌詞ではない。

発売当時は順位が低かったが、主に深夜帯に放映され多数のヒット曲を輩出した銀座じゅわいよ・くちゅーるマキ(銀座ジュエリーマキ)のCMソングとして起用されたことや、様々な歌番組で披露されたことでその後じわじわとチャートを上昇、オリコン最高18位、10万枚以上の売り上げを誇る大ヒットを記録した。後にカラオケでも男女がペアで歌うデュエットの定番ソングとなっている。

Amazonで無料で曲を探す

鈴木聖美 with Rats&Star (すずききよみ・ウィズ・ラッツ・アンド・スター)

歌手の鈴木聖美と音楽バンドのラッツ&スターで構成された音楽ユニット。デュエットソングが一般に周知されている。

1987年、鈴木雅之がプロデューサーとなって鈴木聖美が歌手デビューをすることになり、サポートのためにラッツ&スターのメンバーが集結した。元々、鈴木聖美はシャネルズのコンサートに出演したり、1982年に『シャネルズ+1』名義で『もしかして I LOVE YOU.』に参加していた。

デュエットソング『ロンリーチャップリン』『TAXI』は、現在でもカラオケの定番となっている。

メンバー:鈴木聖美、ラッツ&スター(鈴木雅之、田代マサシ、佐藤善雄、久保木博之、桑野信義、出雲亮一、新保清孝)
活動期間:1987年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました