陰陽座/甲賀忍法帖

この記事は約8分で読めます。

2005年4月27日リリース
作詞:瞬火
作曲:瞬火
編曲:陰陽座

陰陽座の10枚目のシングル。UHF系テレビアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』のオープニングテーマとして起用された。陰陽座としては初のアニメタイアップとなる。
山田風太郎の小説『甲賀忍法帖』(『バジリスク』の原作)をテーマに描いた作品。同作品内に登場する主人公、朧をモチーフに製作されている。2016年、本作と対となる楽曲として、「愛する者よ、死に候え」が製作された。

後年、同アニメを題材としたパチスロ『バジリスク』シリーズにもテーマソングとして採用され、パチスロファンからはしばしば「バジリスクタイムの曲」と呼ばれ親しまれる。

2018年からプロ野球東京ヤクルトスワローズの私設応援団がチャンステーマ(共通テーマγ)として使っている。インターネット上ではパチスロ好きで有名なヤクルトの選手畠山和洋にちなみ、上記の「バジリスクタイム」になぞらえて「ハタケヤマタイム」と呼ばれている。

陰陽座(おんみょうざ)

日本のヘヴィメタルバンド。1999年に大阪で、瞬火・黒猫・招鬼・狩姦によって結成された。6月20日に大阪 西九条BRAND NEWにて初ライヴ『降臨』決行。2001年12月16日メジャー・デビューし、マキシシングル『月に叢雲花に風』を発売した。

2002年アイアン・メイデンのトリビュートアルバム(日本盤のみ)に、唯一の日本人アーティストとして参加した。また2003年にはジューダス・プリーストのトリビュートアルバムにも参加(同作でも唯一の日本勢)。

2008年リリースの『魑魅魍魎』、2009年リリースの『相剋/慟哭』に於いてそれぞれアルバム、シングル部門で初のウィークリーTOP10入りした。

2012年初のホール全国ツアー『絶界の鬼子母神』を敢行。2部構成になっており、第1部ではコンセプトアルバムの組曲(全12曲)をMC一切無しで演奏した。

「妖怪ヘヴィメタル」をキャッチフレーズとしており、ジューダス・プリーストなどの王道的ヘヴィメタルに影響を受けた洋のサウンドに、古雅な日本語・伊予弁による歌詞、妖怪をメインとした和の世界観を融合させた独特の音楽性を特徴とする。

メンバー:黒猫、瞬火、招鬼、狩姦
旧メンバー:斗羅
活動期間:1999年 〜


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました