美空ひばり/津軽のふるさと

この記事は約6分で読めます。

1953年1月15日リリース
作詞:米山正夫
作曲:米山正夫
編曲:米山正夫

当初B面だった「津軽のふるさと」をテレビ・ラジオ等で歌唱する機会が多くなり、1988年4月の復帰公演「不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME ~翔ぶ!! 新しき空に向って~」(東京ドーム)等でも「津軽のふるさと」を披露している。

「津軽のふるさと」は、ひばり自身前年の1952年5月に発売した「リンゴ追分」に引き続き、リンゴの特産地である青森県のご当地ソングとしても知られる。

美空 ひばり(みそら ひばり)

本名は加藤 和枝(かとう かずえ)。愛称は御嬢(おじょう)。

9歳でデビューして天才少女歌手と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで目覚ましい活躍をし自他共に歌謡界の女王と認める存在となった。

昭和の歌謡界を代表する歌手であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した(没後の1989年の7月2日に受賞)。

生誕:1937年5月29日
出身地:神奈川県横浜市磯子区滝頭

活動期間:1947年 ~ 1989年


※情報はウィキペディアより
※2021年1月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました