JUDY AND MARY/クラシック

この記事は約9分で読めます。

1996年10月28日リリース
作詞:Tack and Yukky
作曲:TAKUYA
編曲:JUDY AND MARY

JUDY AND MARYの10枚目のシングル。TBS系列「Pop-file」オープニングテーマ。もともとTAKUYAがソロプロジェクト用に書き下ろした楽曲だったが、YUKIがどうしても歌いたいと切望したためJUDY AND MARYでの発表となった。TAKUYAは解散後、自らのライブではよく演奏する。累計売上は63.2万枚(オリコン調べ)。

Amazonで無料で曲を探す

JUDY AND MARY (ジュディ・アンド・マリー)

1991年6月、ヘヴィメタルバンド「JACKS’N’JOKER」のメンバーとしてメジャーデビューしていた恩田が、映画『いつかギラギラする日』の撮影で北海道を訪れた際、エキストラとして参加していた当時短大生のYUKIと知り合う。
映画スタッフ達との飲み会の場で、YUKIが「バンドをやりたいけどどうすればいいのかわからない」と恩田に相談した事がきっかけで、その後YUKIにデモテープを送ってもらった恩田がそれを聴いたところ歌声を気に入りボーカルに抜擢、1992年2月、YUKI、恩田、藤本泰司を中心に結成した。

“Judy And Mary”というバンド名は快活でポジティヴな女のコ“ジュディ”とすこしひねくれ者のネガティヴな女のコ“マリー”という女の子の二面性を表しており、それがそのままYUKI自身に当てはまることもあって、以前から恩田が構想を練っていた『女のコが歌うポップで切ないサウンドをバンドでやる』というイメージは既に固まっていた。

1993年2月、メジャーデビューを辞退した藤本泰司に代わる形でオーディションによりTAKUYAが加入。同年9月にエピックソニーよりシングル「POWER OF LOVE」でメジャーデビュー。

1995年6月に発売されたシングル「Over Drive」がオリコンチャート初登場こそ4位だったものの60万枚以上を売上げるヒットを記録。12月には前作と同じく佐久間プロデュースのアルバム『MIRACLE DIVING』を発表。このアルバムも100万枚に迫る売上げを記録した。

1996年、全国ツアー『MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996』を開催。初の日本武道館、大阪城ホール公演を含む全国19都市23公演を行い、日本武道館公演では2日間に渡り開催。即日完売、満員を記録。2月には、シングル「そばかす」がオリコンチャート初登場1位を獲得、100万枚の売上を記録した。またこの年、同曲で「第47回NHK紅白歌合戦」に初出場した。

1997年3月、アルバム『THE POWER SOURCE』を発表。オリコンチャート初登場1位を獲得し300万枚に迫る売り上げで、バンド史上最高セールスを記録。1998年6月、アルバム『POP LIFE』を発表、100万枚以上を売り上げる。

約1年間の休止の後、2000年2月、シングル「Brand New Wave Upper Ground」をリリースし活動再開。3月には初のベストアルバム『FRESH』を発表、200万枚以上を売り上げる。

2001年1月9日、全国紙朝刊の全面広告で解散を発表。24日にオリジナルとしてはラストシングルとなる「ラッキープール」をリリース。3月7日、8日の東京ドーム2Daysライブをもって解散した。

旧メンバー:YUKI、TAKUYA、恩田快人、五十嵐公太、藤本泰司
活動期間:1992年 ~ 2001年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました