DREAMS COME TRUE /大阪LOVER

この記事は約8分で読めます。

2007年3月7日リリース
作詞:吉田美和
作曲:吉田美和
編曲:中村正人

DREAMS COME TRUEの38枚目のシングル。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のために書き下ろされた曲。作曲をした吉田美和は、このような4つ打ちのメロディーは難しかったが、アトラクションで聴きながら誰でも楽しめるようにと思い作ったとのこと。

歌詞は遠距離恋愛をする女性を主人公としている。またタイトル通り、歌詞には大阪弁が使われている。ただし、歌詞からも分かる通り主人公は大阪の出身ではないので、不自然な大阪弁の箇所もある。

Amazonで無料で曲を探す

DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)

中村正人がソフィスティ・ポップに分類されるスウィング・アウト・シスターの音楽性と吉田美和の歌唱力に衝撃を受けた後、1988年1月に結成。

元々は1985年から1988年までの間、とんねるずのコンサートツアーでバック・バンドのベーシストだった中村が、1988年のコンサートツアー時に吉田をバック・コーラスに招聘した事から始まった(デビュー前に小泉今日子のサポート・メンバーを2人が行っていたと言われることがあったが、吉田のみが出演しており、中村ではなく弟が参加していた)。

当初は「CHA-CHA & AUDREY’s Project」(チャチャ・アンド・オードリーズ・プロジェクト)というグループ名を名乗っていたが、数ヶ月後に“夢はかなう”を意味する「DREAMS COME TRUE」に改名。1988年内より都内のライブハウス等でライブ活動を重ねた後、エピック・ソニー・レコードから1989年3月21日に、シングル「あなたに会いたくて」とアルバム『DREAMS COME TRUE』の同時リリースでCDデビューした。

売上枚数200万枚を突破したアルバムは計7作品あり、これは全アーティストの中で最多である。中でも1992年の5thアルバム『The Swinging Star』は、オリコン史上初の累計売上枚数300万枚を突破した作品となった。

メンバー:吉田美和、中村正人
旧メンバー:西川隆宏

活動期間:1988年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました